制震/免震-yoshihara

050521最近よく聞く言葉。どうやら住宅メーカーの営業ツールとなってしまっているようだ。"制震構造"は筋交いの部分に粘弾性ダンパーなどの制震部材を入れ、地震エネルギーを吸収する工法。"免震構造"は建物と基礎との間に積層ゴム・ベアリングなどの免震部材を入れ、地震エネルギーを吸収する工法。高層マンションやビルでは以前より採用されているが、住宅においてはごく最近のこと。まだまだ普及しておらず、いろんな制震/免震部材があり工法も統一されていない、メンテナンスにも問題が残っている。ちなみに現在多く採用されているのは、"耐震構造"構造計算を行い地震エネルギーを柱・梁・金物などの構造骨組み各部で吸収する工法。住宅の場合はこれで十分だと思うのだが・・・一般の人は、制震/免震/耐震 、言葉のイメージに左右されてしまうようだ。