無料相談窓口 光風舎一級建築士事務所 TEL:03-6677-7370

光風舎について/プロフィール



光風舎は、住宅設計を中心に心地よい空間をデザインする一級建築士事務所です。
住まいの設計は、住む人の考えや価値観、敷地や法規制によって大きく影響を受けます。十人十色、どんな住まいが良いか、何が心地よいと思えるかは人それぞれ違ってきます。住まわれる方の想いを大切に、話し合いを重ねきめ細かく丁寧な設計を心掛けています。

光風舎一級建築士事務所(こうふうしゃ)

〒142-0054/東京都品川区西中延2-4-2
TEL 03-6677-7370・FAX 03-6315-2275
営業時間:am10:00~pm7:00(日・祝休み)
info@koufusha.com,http://www.koufusha.com/
光風舎ロゴ
「 ゆく河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず」
方丈記の一節です。光や風の心地よい場所を転々とし、方丈庵を組
み立て暮らした鴨長明を想い「光風舎」という事務所名としました。

東京都知事登録 第 37336号・一級建築士登録 第263775号
東京都木造住宅耐震診断事務所、登録番号377
建築士賠償責任保障制度加入

吉原健一
代表:一級建築士

東京都木造住宅耐震技術者
既存住宅状況調査技術者
被災建築物応急危険度判定員

吉原 健一 Yoshihara Kenichi

京都生まれ
'86 関東学院大学工学部建築学科卒
    卒業設計ディプロマ賞、三越ファニチャコンペ入選
'86 北川原温+ILCD勤務
'92 商環境デザイン賞入選
'93 光風舎一級建築士事務所 設立
'95 京都市HOPEすまい文化賞受賞

TV
『渡辺篤史の建もの探訪』出演
『劇的ビフォーアフター』出演

共著
『センスを磨く間取りのルール』(エクスナレッジ)
『やっぱり、木の家がほしい!』(アーク出版)
『最高の外構をデザインする方法』(エクスナレッジ)
『間取りプランのつくり方』(ナツメ社)
『住宅作家になるためのノート』(彰国社)

NPO法人家づくりの会:設計会員
OZONE家づくりサポート:登録建築家
東京建築士事務所協会:品川副支部長

京都の町家で生まれ育ちました。
御所と平安神宮の中間位にある東竹屋町いう所なので京都のど真ん中です。町家には坪庭、土間、路地、格子など、いまでもモダンでハッとするような心地よく美しい空間が受け継がれています。また都市型住宅ならではの知恵や工夫、市中の自然という思想、光や風を上手く取り入れる方法、木、石、紙など自然素材を巧みに生かす技術などがあります。それらをいまの住まいづくりに生かせればと考えています。


宮本恵美子
一級建築士
福祉住環境コーディネーター

宮本 恵美子 Miyamoto Emiko(本名:吉原 恵美子)

東京生まれ 湘南育ち
'86 関東学院大学工学部建築学科卒
'86 鈴木エドワード建築設計事務所
'90 ワークショップ勤務
   複合ビル/集合住宅/住宅等の設計に携わる
'93 光風舎一級建築士事務所設立

TV
『ヒルナンデス』出演
『渡辺篤史の建もの探訪』出演

OZONE家づくりサポート:登録建築家

自邸+光風舎アトリエの「中延の家」は1階がアトリエ、2、3階が住まいとなっており、私は一日中この建物の中をいったりきたりして過ごしています。住宅密集地にある狭小住宅ですが、借景の窓からは近隣の柿の木や桜が見えたり、敷地の隙間には坪庭があったり、トップライトには満月が絵のようにはいりこんだり、心地よく風が通り抜け、窓から見える雲や光は、季節の移り変わりを感じることができます。いろいろな種類の無垢板の床材、壁の珪藻土や和紙など自然素材は味のある質感のよさだけでなく、吸湿性があり夏はとても過ごしやすいです。 毎月「中延の家」のオープンハウスをおこなっています。狭小住宅でも光と風を取り入れて、心地よく過ごすことができます。光風舎の住宅を体験されに是非おこしください。



M, Kurimoto

'08 光風舎一級建築士事務所


トップへもどる